獣医師 Veterinarians

Veterinarians
Veterinarian

こんな仕事内容

獣医師は、獣医師の免許を有し、病気やけがをした、動物の診療、健康管理、研究を行う仕事です。犬や猫を中心とする、動物病院で勤務するスタイルが多いのが特徴です。その他にも、牛、馬、羊など家畜を専門とする獣医や、製薬会社で研究を行う獣医も存在しています。

気になる年収は?

平均年収は616万円程度ですが、動物病院を開業しているか、勤務しているかで変わってきます。基本的に診察料は自由に設定できるため、人気がある動物病院になれば、給与の額も多くなります。

年収のイメージ

AIやロボットに代わる確率

テクノロジーによる影響

画像認識技術の進展により、獣医の診療をアシストすることはありますが、AIやロボットが獣医の業務を代替することは無さそうです。飼い主の心のケアが必要だったり、獣医といっても対人のコミュニケーションは必要になります。

「働き方」と将来性

獣医師の半数は女性です。人口減少により、ペットを飼う人口も減少していくと思われますが、ペットにかける費用も増大するため、今後も市場は拡大していくと思われます。飼い主から選ばれるような人気のある動物病院も目指せるでしょう。

資格とキャリアステップ

獣医師

大学の獣医学部(6年制)に入学し、国家試験に合格する必要があります。

獣医師に関連する職業

医師 歯科医師