【人が苦手でも大丈夫!】人見知りにぴったりの適職とは

Topic14 main

就職や転職の際、色々な悩みが生じます。そんな中でも、「人見知り」というのはとても大きな悩みですよね。 「人と上手くコミュニケーションが取れない」「人と関わるのが怖い」など、そんな思いを抱えていらっしゃる方も少なくはないのではないでしょうか。

「こんな自分に出来る仕事なんてあるの?」そんな悩みを抱えた方向けに、本記事では人見知りの方の弱みや強み、また人見知りであることを活かした適職を紹介していきます。人見知りであるせいでなかなか自分に合った仕事が見つからない。そんな方はぜひ本記事を参考に適職を見つけてください。

人見知りの弱み

人見知りの性格を持つ方は、人との関わりが苦手など、様々な悩みを抱えています。

1.考えすぎる

人見知りの人は他人とコミュニケーションを取る際に色々と考えてしまいます。 「これって言っていいのかな?」「常識がないと思われないかな」 そんな不安から人とコミュニケーションを取るのが上手く行かないことがあります。

2.人目が気になってしまう

自分がしたい・やりたいと思っていることがあっても、「周りの人からどう思われるだろう」「おかしいと思われるのではないか」と人目が気になってしまいます。 その結果自らの意思を上手く貫くことができず、ストレスを貯めてしまうことも。

3.口下手

会話などの際に色々なことを考えてしまうため、自らの感情や伝えたいことを上手く伝えることが出来ず、言語化が苦手な傾向があります。結果として口下手な印象を他人から持たれてしまいます。

4.チームワーク・集団行動といったようなものが不得意

人見知りの人は、積極的に周りとコミュニケーションを取っていかなければならないような状況、つまり「集団行動」や「チームワーク」といったものが苦手です。

周りの人達の状況や人間関係などに常に気を張って置かなければならないため、精神的な負担というものが大変に大きく、精神的に疲弊してしまいます。

人見知りの強み

人見知りは、一見すると弱みにみられがちです。しかし、どんなものでも弱みの裏に強みがあるように、人見知りだからこその長所もあります。

1.人のことをよく考えられる

もし人のことを一切考えないのなら、人見知りなどせずにズバズバとものを言えますよね。 人見知りは、人のことをよく考えるからこそ、人見知りを発揮します。

つまり、人見知りの方は相手の状況や立場、性格などをキチンと鑑みた上で考えて発言することができます。

2.目の前の仕事に集中して取り組める

人見知りは人との交流が苦手です。変わりに、目の前の仕事に没頭できる性質があります。

また、作業中に他の人間から干渉されることを嫌うため結果として淡々と目の前の仕事を着実にこなしていけます。 人に管理されずとも、しっかりと自分で段取りをたて、仕事を勧めていくことができます。

3.一人作業も問題なくこなせる

他者といることが苦痛である人見知りの人にとっては、1人でいるほうがよほど気楽で落ち着きます。1人で淡々と進めることが求められるようなお仕事は、人見知りにとっては適職となります。

また、リモートワークなども得意で、逆に1人でいることで、リラックスして真面目に仕事に取り組めます。

4.慎重に行動できる

「考えすぎる」という特徴。これは言い換えれば「慎重」であるとも言えます。

コミュニケーションにおいて発揮されれば考えすぎという評価になりえますが、仕事などにおいては「本当にこの計画のまま進めて大丈夫なのか」「一旦修正した方が良いのではないか」と勢い任せに進めるのではなく立ち止まって考えることができます。

人見知りにおすすめの適職13選

Topic14 sub

ここからは、上記の特徴・強みを踏まえた上で、人見知りの方への適職をご紹介したいと思います。

IT関連の仕事

ITやWeb関連のお仕事においては、主に計画性といったことが大変に重要視されます。 クライアントから依頼された内容を、納期までにきちんと完成させる。

こういったことが求められる職種において、計画全体を見通し、リスクや段取りといったところを把握した上で淡々と作業を進めていける人見知りにはピッタリの職業と言えます。

例:システムエンジニア、プログラマー、Webエンジニアなど

人と関わる必要があまり多くない仕事

人見知りで人とコミュニケーションが上手く取れません。そのため、人と関りが少ない仕事の方が向いています。

1人で淡々とお仕事を進めることを特に苦とも思わないというところから、製造業や清掃といった仕事が向いていると言えます。

例:製造業、清掃員、警備員、トラック運転手、配送・配達業など

フリーランスとして活動できる仕事

人見知りの方は、単独で仕事を完結させるのが得意です。そのため、「目の前の仕事にきちんと取り組める」「1人でいても大して苦ではない」「行動する前にリスクを考えられる慎重さ、段取り上手」といった長所があります。

そのため、ウェブライターやウェブデザイナーなど、フリーランスの仕事と相性がいいです。淡々と1人で自分の計画通りに仕事を進めていけるフリーランス業は、人見知りの方には大変に適職と言えるでしょう。

例:ウェブライター、ウェブデザイナー、イラストレーター、動画編集など

まとめ

いかがだったでしょうか? 以下が本記事のまとめです。

人見知りの人の特徴

  • 考えすぎる
  • 人目が気になってしまう
  • 口下手
  • チームワーク・集団行動といったようなものが不得意

強み

  • 人のことをよく考えられる
  • 目の前の仕事にきちんと取り組める
  • 人でいても大して苦ではない
  • 行動する前にリスクを考えられる慎重さ、段取り上手

適職一覧

  • IT関連の仕事
  • 人と関わる必要があまり多くない仕事
  • フリーランスとして活動できる仕事

ここまで記事を読んでくださって大変ありがとうございました。 皆さんが皆さんごとの適職を見つけられ、自らを活かしたお仕事に就かれることを心より願っております!

転職エージェントランキング

First

リクルートエージェント

年齢別、職種別、地域別など幅広い種類の求人を抱えている、業界トップの転職エージェント

Second

パーソルキャリア(doda)

求人開拓力と粘り強い情報収集により、求職者の満足度が高い、業界No.2の転職エージェント

Third

マイナビエージェント

第2新卒や20代に強みを持つ、きめ細かい対応に好評がある転職エージェント