【コラム】あなたは大丈夫? タイプA行動の問題点

Topic4 main

タイプAとは何か?

突然ですが、下記の質問にいくつ当てはまるか考えてみてください。

1. 仕事の納期や締め切りは必ず守る

2. スケジュールを詰めすぎてしまう

3. 何事も凝り性で徹底的にやってしまう

4. 渋滞に巻き込まれるとイライラする

5. 休みの日でも、つい仕事をしてしまう

上記質問の「Yes」の回答が多い人ほどタイプA的特徴を備えています。

アメリカの医師(Friedman,Rosenman)が心疾患に罹りやすい人の特徴を研究したところ、ある特定の行動パターンがあることに気がつきました。

それは、先ほどの質問に関わる行動です。あなたは、話し方が遅かったり、声が小さい相手に対して、話を遮って割り込むことはありませんか?

タイプA(Aggressive)の人は常に、時間に追われていて、ものごとは全て早く、急ぎで行わないといけないと思っています。また「押しが強く攻撃的」、「競争的」などの特徴もあります。

タイプAの人は職業上成功する確率が高い!?

一方、タイプAの人は、目標達成能力が高く、職業上の成功を納めている人が多くいます。

組織の中で、与えられた仕事に対する強いコミットを持っており、高い業績を上げることができます。組織内で役職に就かれている方も多いでしょう。

タイプA行動の問題点

無意識に与えるプレッシャー

タイプAの人は自分だけではなく、周りに対しても要求が高く、無意識に相手にプレッシャーを与えてしまう傾向があります。

あなたが部下を持つマネージャーであれば、部下から有能な上司だと認められていますが、あなたからのプレッシャーでストレスを感じているかもしれません。

適度なプレッシャーなら問題ありませんが、過度なプレッシャーを与えてしまうと、心身とも病んでしまうかもしれません。

創造性の欠如

タイプAの人は定型的な仕事を効率よくテキパキとこなしていけるため、人よりも量をこなすことができます。しかしそれによって犠牲になるのが、創造性です。

創造性は、仕事とは全く関係のない無駄なことや、遊びの中から生まれます。

タイプAの人は、効率を追求するために、無駄なことを嫌う傾向があるため、創造性が欠如してしまいます。

健康リスクの増大

タイプAの人は、目の前のタスクに集中するあまり、身体が発信する信号に鈍感になりがちです。

特に罹りやすい、健康リスクは心疾患です。心疾患とは、心臓に起こる病気の総称で、心筋梗塞狭心症などが挙げられます。

タイプAの人は血圧が高く、喫煙、大量飲酒、睡眠不足などの不健康な行動を取りやすい傾向があります。それに伴い、心疾患に罹りやすいという研究結果となっています。

タイプA行動の改善

タイプA行動は遺伝的に生まれ持った気質や性格が関係しています。そのため、性格を変えることはできませんが、考え方を見直したり、新しい習慣を手に入れることで 少しずつタイプA行動を改善することができます。

例えば、瞑想やヨガなどで興奮した交感神経を抑え、自律神経を整えることができます。また、あえて空白のスケジュールを作り、心に余裕をもつことも大切です。心身共健康に保つことで、更に仕事でパフォーマンスを上げることができるでしょう。

転職エージェントランキング

First

リクルートエージェント

年齢別、職種別、地域別など幅広い種類の求人を抱えている、業界トップの転職エージェント

Second

パーソルキャリア(doda)

求人開拓力と粘り強い情報収集により、求職者の満足度が高い、業界No.2の転職エージェント

Third

マイナビエージェント

第2新卒や20代に強みを持つ、きめ細かい対応に好評がある転職エージェント