【コラム】人生を面白くする - 天職の見つけかた -

Topic1 main

人生で最も時間を費やすのは仕事。仕事を楽しんでいる人は、人生も楽しんでいます。ただ、自分でこれこそが天職だといえる仕事に出会えずに悩んでいる人も多いと思います。今日は自分の天職に出会うにはどうすればいいのか解説していきます。

天職の意味とは

そもそも、天職とは何を指すのでしょうか。辞書をひくと、天性に合った仕事などと書かれています。天職は、自分にとって心からこれだ!自分はこれをするために生まれてきたんだ、と思える仕事のことを言います。

ちなみに、天職は英語でcalling(コーリング)というらしいです。まさしく、神様から呼ばれたようにぴったりな仕事、というわけですね。

天職と出会っている人の特徴

では、自分の天職と出会っている人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

苦手なことからは逃げる

成功している人をみると、実は自分の苦手なことからはとことん逃げている人が多いです。 時には苦手なことを克服することも必要かもしれませんが、天職は好きな仕事です。苦手だなぁと感じたら自分には合ってない、 という判断をすることも重要です。

楽しさを大事にする

天職を見つけている人は、仕事が楽しいかどうかをとても重要に考えています。収入や福利厚生など、人によって仕事選びに 重視するポイントは違うと思いますが、天職を見つけた人は皆、仕事に対して楽しむ気持ちをもっています。

続けられる仕事を選ぶ

天職を持っている人は、長い間仕事をしている人が多いです。何十年と同じ仕事に取り組んでいる職人さんだったり、 幼いころからスポーツに親しんでいるアスリートなど、天職をもっている人は、呼吸をするように、仕事が生活の一部になっています。

仕事について考えてみる

ここで改めて質問です。あなたにとって仕事とは何ですか?

ここで、あなたの今している仕事について、下記の文章で当てはまるものを考えてみてください。

A. 生活のためにお金を得る目的で仕事をしている

B. 多くの権限の獲得や周りからの評価・名声を得る目的で仕事をしている

C. 自分がしたいこと、情熱を持って打ち込むために仕事をしている

Aを選んだ人は仕事を「義務」と考えています。

Bを選んだ人は仕事を「出世の道具」と考えています。

最後にCを選んだ人は仕事を「天職」と考えています。

心理学者の様々な調査の結果、成功しているビジネスマン、スポーツ選手、芸術家といったほとんど全ての人が自分の仕事を 「天職」だと感じていたそうです。

仕事を通じて、大きな成功や満足感は得るためには「天職」を見つけること、もしくは、今の仕事を天職に変えることが必要です。

天職を見つける

天職を見つけるために、まずは自分の中の価値観や考え方を見つめてみましょう。例えば、下記はあなたの天職を見つけるための質問です。

自分は特にどんなことに意義を感じるのか?

自分は特にどんなことに喜びを感じるのか?

自分は何が得意(長所)なのか?

「意義」、「喜び」、「長所」この3つが重なるところが、あなたの「天職」です。

Topic tensyoku1

しかし多くの人は、この問いに答えるのは案外難しいです。なぜなら、多くの人はこのような質問に対する「建前」をすでに持っているからです。

そこで、少し視点を変えて下記の質問で先ほどの「意義」「喜び」「長所」について再度考えてみてください。

① 仕事の意義について

もしあなたが、王様や大統領だとしたら、社会や自分をどうのように作り変えたいですか? もしくはどのような社会に作り変えてしまったら、憤りや怒りを感じますか?

② 仕事の喜びについて

あなたが大富豪で生活のことを全く心配しなくても良くなったとしたら、何をし始めますか? また一生生活に困らないほどの大金を積まれても、絶対にやりたくないことは何ですか?

③ あなたの長所について

もし一生一つのことをやり続けることを言われた時、あなたは何をやり続けることが苦ではないですか?もしくは、逆に何をやらせ続けられると苦痛ですか。

上記の質問を考えることで、より自分のやりたいこと、やりたくなことが明確になります。

また、もし今の仕事が自分には合わない、天職ではないと感じた場合、一度、今の仕事をより高い位置から眺めてください。

成功している人のほとんどは、自分たちの仕事をより大きな背景の中で眺め、その仕事に対して積極的に意義と喜びを持ち込んでいます。例えば下記のような話があります。

三人の石切工の話

三人の石切工が同じ仕事をしていました。

何をしているか訪ねて見ると、
第一の男は「これで暮らしを立てている」と答えた。

第二の男は手を休めず、「国中で一番上手な石切りの仕事をしているのさ」と答えた。

第三の男は目を輝かせ、夢見心地で空を見上げながら「大聖堂を作っているのさ」と答えた。

自分の得意とすることに対して、より高次元の目的を持って情熱を傾けている人たちに、同じ時間をかけて挑んでも勝つことができません。それと同時に、彼らと同じ時間や労力をかけることは困難でしょう。

もし、今の仕事が、組織や上司によっていくら頑張っても望む状況が作り出せない場合は、転職を考える時期なのかもしれません。

自分の中の意義や喜びをもたらしてくれる活動に集中することが、結局のところ最も大きな成功につながる道です。

天職の探し方

もしこれからあなたが天職に出会いたいなら、以下のことを意識してみるといいでしょう。

楽しいことを大事にする

仕事は大変だ、苦労をするものだ。楽しいことは仕事にならない。あなたの頭の中にどこかそんな意識はないでしょうか。

しかしそれでは天職には出会えません。天職とはあなたを喜ばせてくれる仕事です。天職と出会いたければ、自分が楽しいという気持ちを大事にしましょう。

今の気持ちを大事にする

天職と出会うために大切な事は今の自分の気持ちです。今自分自身が本当に好きだと思える仕事をやっているかどうか、どこか違和感を感じながら働いてないか。

例えば、就職するのが難しかったからという理由で、自分の気持ちに嘘をついていないでしょうか。状況ではなく、自分の気持ちを大事にするように考えてみましょう。

自分の価値観を見つめる

自分の好きなこと、やりたいことと仕事が一致していれば、天職と呼べる仕事には出会いやすいでしょう。しかし実際はそうではありません。

好きなことは仕事にはならなかったり、得意なことが違ったりすることはあります。そんな時に大事にして欲しいのは自分の価値観です。例えば生活よりも満足感を大事にしたいなど、自分が何を大事にしたいのかをはっきりと意識することで、より天職にも出会いやすくなります。

あなたもきっと天職に出会える

もし、今あなたは天職と呼べる仕事に出会ってなくても、あなたが出会いたいと思っていれば、きっと天職に巡り合うことができるでしょう。そのためにも、自分の気持ちに正直にいることが大切です。時にそれは勇気がいることかもしれませんが、自分の気持ちを大事にすることがあなたを助けてくれることでしょう。

それでも、天職に迷った時は、偉人達の名言を参考にしてみてもいいかもしれませんね。

転職エージェントランキング

First

リクルートエージェント

年齢別、職種別、地域別など幅広い種類の求人を抱えている、業界トップの転職エージェント

Second

パーソルキャリア(doda)

求人開拓力と粘り強い情報収集により、求職者の満足度が高い、業界No.2の転職エージェント

Third

マイナビエージェント

第2新卒や20代に強みを持つ、きめ細かい対応に好評がある転職エージェント